恋は異なもの味なもの


by momobungo

真夏の夜の夢

トラバでボケましょう2008夏秋 レベル7

こちらはオープン参加ということで、一つ大目に見てください。




~~~~~~~~~~~~~~~

『生年は百に満たず
 常に千歳(せんざい)の憂いを懐(いだ)く
 昼は短く夜の長きに苦しむ
 何ぞ燭(しょく)をとって遊ばざる』









いい年して道の真ん中で転ぶのは、かなり気恥ずかしいものだ。
誰も見ていないのに「あいててて」なんて声をあげ、大げさに膝をさすってみる。
しかし、なんでこんな道の真ん中で転んでしまったのだろう。
いつも通っている道だし、転ぶような段差なんて無かったのにな。
痛む足もとに目をやると、アスファルトに見慣れない窪みを見つけた。
直径10cm程の穴が道に開いている。これは、何だ?
僕はその穴に手を伸ばし、触れてみようとした。

その時
なにか密林の奥に巣くう猛獣が立てる、咆哮のような声が聞こえてきた。





ごえぇぇむりゃぁぁぁぁうぉりゃぁおぉぉぉぉぉ!!!!!




僕は殺気を感じ、目を空に向けた。
逆光になって何か見えないが、何かが僕に向かって飛んでくるのが目に入った。
それは鈍い光を反射し、ぐんぐんと大きくなってきた。
つまり、僕に向かってきた。僕は身の危険を感じ、立ち上がる。
と同時に、僕の足もとの穴に、重い衝撃とともに何かが突き刺さる。
な、なんだ?これは?








よく見ると、それは






ハンマー投げのハンマーだった。







「また80mを超えられなかったか。」

「あ、あなたは・・・・

2年連続、オリンピックで上位選手がドーピング違反で失格したため
繰り上げでメダルを獲得しそうな・・・・






KOJI 村武士!

「ご都合的な説明、ありがとう。」

「なんであなたが、てか、どうしてこんなところでハンマーなんか投げてるんですか。」

村武士は股間のハンマーを弄びながら答えた。
つまり投げたハンマーと持ち歩くハンマー、2つ持っているらしい。

「私は金メダルを期待されながらも、本番の緊張感に耐えられず
いつも繰り上げでしかメダルが取れない。だから平常心を保てるよう、
いつでもどこでもハンマーを投げる訓練をしているんだよ。」

「こんなところでハンマー投げたら危ないじゃないですか。」

「大丈夫。80m超えないから。」

「それじゃ意味ないじゃん。」



ゆっくりと僕に歩み寄ると、村武士は僕の足元に転がるハンマーを拾い上げる。
鉛色に輝く鉄球はアスファルトに深くめり込んでいる。
「むん。」
村武士はハンマーの握りを掴むと、上腕に力をこめ引き抜こうとした。
地面にめり込んだ鉄球の周りのアスファルトにひび割れが生じる。
ひび割れは村武士の力に随い、徐々に大きくなっていく。
蜘蛛の巣のように広がり、やがて僕の足元もひび割れてきた。
やがて僕の足元は重力に従い、地の底へと崩れ落ちて行った。

声を上げる間もなく、僕は暗闇の中に堕ちていく。





そこは奈落の底か





どれくらい堕ちたのだろう。
暗闇は時間の感覚も上下の感覚も失わせ、僕はただ漆黒の闇に浮かんでいるかのような奇妙な浮遊感を感じて漂っていた。一向に穴の底に着つかない。
どれくらい深い穴なのか
どれくらい堕ちたのだろうか
やがて僕の鼻は、不思議な匂いを感じ取る。








これは・・・・

ラベンダーのかほり?







いや
それにしては酸っぱいような、どこか懐かしいような
言うなれば、嫌な匂いだ。

やがて暗闇に慣れた僕の眼に、暴力的ともいえる明かりが飛び込んできた。
僕は目を霞めながら、灯りの正体を見極めようと試みる。
暗闇を切り裂くように照らされたダウンライトのもとに、大きな人影が立っていた。

あれは、もしや・・・・








naoya.(ドット)!!!
※naoya.(ドット)に関してお知りになりたい方は、コチラから気長に読んでみてください。
 いや、無理にとは言いませんが。

「アニキ、待ってたッス!

 謝肉祭と書いて、カーニバルと読むッス!

 今宵(こよい)

 アニキの筋肉と自分の筋肉が

 まぐわい一つの星になるッス。





 踊るッス。

 永遠に終わらない夜を

 踊るッス。





 さぁ




 筋肉のカーニバルが始まるッス!





 ジュリ穴



 TOKYO!!!






突如として砲火の如く鳴り響くユーロビート 溢れるように光り輝くスポットライト
己が肉体を曝(さら)け出すように お立ち台に群がるワンレン・ボディコンの群衆
光の圧力にようやく慣れてきた 、僕の眼に飛び込んできたものは
汗を撒き散らし、狂ったように四肢をくねらせ踊りに興じる人々の姿だった。

KOJI村武士

角田さん

サンバマツケン

タイソン芸










てかさ、






みんな、






男なんですけど。









先ほど僕が嗅ぎ取った匂いは、彼らの汗の匂いだった。
咽返(むせかえ)るほど濃密な脂肪酸の匂いとユーロビート。
ミラーボールの光に照らされた躍動する湿った筋肉。
そして飲み干されるプロテイン。
naoya.(ドット)はひときわ高いお立ち台の上で、真っ赤なボディコンを身にまとい・・・

てか

先ほどから股間のハンマーが丸見えなんですが。

「さぁ、アニキも踊るッス!

 全てを忘れて、踊り狂うッス!

 ハッスル!マッスル!ナイトッス!!!」






気の遠くなるほど深い穴倉の中では

こんな筋肉の宴(うたげ)が

夜毎(よごと)催されていたのだった。

■□■□■□■□■□【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■□
【ルール】
参加:
 お題の記事に対してトラバしてボケて下さい。
 締切りは1つのお題に対し30トラバつく、もしくは2008年9月7日(日)23:59まで
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)とします。
 お題が変われば何度でも参加OKです。

チャンプ:
 お題を出した人が独断で審査しチャンプ(大賞)を決めます。
 チャンプになったら王様です。以下の特典と栄誉が行使できます。
  1.お題を出す
  2.言いたい放題な審査をする
  3.次のチャンプを決める
 何か困ったことがありましたら開催事務局までどうぞ。

企画終了条件:
 みんなが飽きるまで、もしくは開催事務局が終了宣言を告知した時です。

参加条件
 特になし!
 ※ 以下あれば尚可!!
 ブログをもっている。あるいはこれから作成する。
 トラックバック機能が使える。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元     毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
 開催事務局  ボケトラの穴     http://trana88.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[PR]
by momobungo | 2008-09-07 15:50